こるね酒

原則毎日AM11時更新+α。日本酒好きのホルン吹きです。飲んだお酒を、ジブリ映画のキャラやシーンに例えながら紹介します。異論反論大歓迎。日本酒に詳しくない方でも、ジブリ作品に詳しくない方でも楽しんでいただけるように書いていきます。

[ジブリ酒]千徳 > 昼間からワイン傾けてる爺さんたち(紅の豚)

【千徳 純米酒

昔ながらのとろ甘辛口

千徳

「千徳お願いします」って注文したら「せんとくん?」って聞き返されました。それは奈良のやつや!

この日最初に飲んだ「夢の中から」と同じ千徳の、こちらは純米酒です。

香りはあまりありません。
口に含むと、お米の甘味と旨味。そこからさらに純米らしい旨味がたっぷり広がります。甘味も感じる辛口という感じ。
最近主流のフルーティーとは全然違うお酒。僕の好みの真ん中は甘旨フルーティーですが、こういう懐かしい感じのお酒も好物です。

ジブリで例えると「紅の豚」に出てくる、昼間からワイン傾けてる爺さんたち。「”さらばアドリア海の自由と放埒の日々よ”ってわけだ」「それ、バイロンかい?」「いや、俺だよ。またな」のシーンです。この爺さんだち、世界恐慌の真っただ中でいろいろ大変なはずなのに、なんか楽しそうなんですよね。そんな彼らに似合いそうな、楽しく飲めるお酒でした。

満足度:★★★★

千徳

 

関連記事:


ブログランキング・にほんブログ村へ←投票リンク踏んでいただけると、とても嬉しいです。