こるね酒

原則毎日AM11時更新+α。日本酒好きのホルン吹きです。飲んだお酒を、ジブリ映画のキャラやシーンに例えながら紹介します。異論反論大歓迎。日本酒に詳しくない方でも、ジブリ作品に詳しくない方でも楽しんでいただけるように書いていきます。

[ジブリ酒]ハツユキソウ > 月島汐さん(耳をすませば)

【峰の雪 ハツユキソウ grape】

すっきり白ブドウジュース

ハツユキソウ

香りがめっちゃ白ブドウ。
味わいもちょっと酸っぱいブドウ感が満載。酸味中心で甘味は控えめです。口の中がきゅっとなる後味の渋味もブドウっぽい。

それもそのはず。こちらのお酒、定義上「日本酒」ではありません。原材料を見ると「米、ぶどう果汁、米麹」とあります。酒税法上の分類は「その他の醸造酒」ですね。お米とぶどう果汁を一緒にタンクに入れて同時に発酵させたという珍しい作り方なんだそうです。なかなかのチャレンジですね。こういう姿勢、大好きです。

というわけで、かなりブドウ感の強いお酒なわけです。日本酒より白ワインに近い感じですね。甘さ控えめで、ドライ。12度のわりにはアルコール感があります。
酒屋さんのサイトに出ていた情報によると、日本酒度:+11、酸度:2.9、アミノ酸度:0.7。要するに辛くて酸っぱくてすっきり。なかなか極端な数値ですね。

ジブリで例えると「耳をすませば」の月島汐さん。主人公・雫のお姉さんです。物語は雫視点なのでキツい印象もありますが、大学院に通うお母さんの代わりに家事をこなす、しっかりもので美人なお姉さんです。前に9号酵母発祥の蔵・香露でも登場しました。

満足度:★★★★☆

ハツユキソウ


関連記事:

 

ブログランキング・にほんブログ村へ←投票リンク踏んでいただけると、とても嬉しいです。