こるね酒

日本酒好きのホルン吹きです。飲んだお酒を、ジブリ映画のキャラやシーンに例えながら紹介します。日本酒に詳しくない方でも、ジブリ作品に詳しくない方でも楽しんでいただけるように書いていきます。

[ジブリ酒]杜太 > 北さん(耳をすませば)

【杜太 純米 生もと生酒】(とうた)

優しい生酛辛口

杜太

口当たりは優しく、ふんわりとした甘酸っぱさ。でもそこから、いかにも生酛らしい旨辛さと乳酸がぶんっと広がります。最後にはそれが気配に昇華して、ふと気が付くと消えてる。
日本酒度+8という数値通り、かなりの辛口です。でも、飲みやすいし風味が素晴らしい。初心者向けとは言わないけど、美味しかったです。

このお酒、広島で「瑞冠」を醸す山岡酒造の杜氏・畑中裕次さんの個人ブランドです。ラベルの味のある文字は、当時小学2年生だった、杜氏の息子の杜太君が書いたんだそう。そりゃ想いがこもっていますよね。息子さん、今はもう高校生なんだとか。自分の名前の付いたお酒を飲めるのももうすぐですね。

ジブリで例えると「耳をすませば」の北さん。聖司君のお爺ちゃんの西さん、口ひげ蝶ネクタイの南さんの音楽仲間で、メガネの人です。一見普通のおっさんだけど、よく見ると実に味がある。なんせ声は、ジブリの悪の傀儡師・鈴木敏夫プロデューサー。あ、悪の傀儡師というのは、めっちゃ褒め言葉です。この人が上手く宮崎監督を操らなければ、こんなにたくさんの名作は生まれなかったでしょう。
あと僕の注目ポイントは、この人が弾いてる楽器。リュートという弦楽器です。今はほとんど使われていない古楽器で、僕も実物を見たのは浜松の楽器博物館でだけ。マニアな楽器を選びますねえ。

満足度:★★★★

杜太

 

余談ですが、楽器博物館、面白いですよ。特に音楽をやってる人にはお勧めです。セルパンとかオフィクレイドとか珍しい楽器がたくさんあって、マニアならまる一日じゃ足りないくらい楽しめます。

 

関連記事:

 

ブログランキング・にほんブログ村へ←投票リンク踏んでいただけると、とても嬉しいです。