こるね酒

原則毎日AM11時更新+α。日本酒好きのホルン吹きです。飲んだお酒を、ジブリ映画のキャラやシーンに例えながら紹介します。異論反論大歓迎。日本酒に詳しくない方でも、ジブリ作品に詳しくない方でも楽しんでいただけるように書いていきます。

[ジブリ酒]寫楽 > テナー(ゲド戦記)

【寫楽 純米吟醸おりがらみ】(しゃらく)

ピチシュワ旨甘じわじわり

寫楽

香りはたっぷりの旨味とお米の甘味。良いですねえ。
口当たりは薄酸するっと。その後で微炭酸のピチシュワが現れ、さらにその奥から旨味と澱の甘味がじわじわり。そのまま、じーんと長い旨味の余韻に続きます。

アテの馬肉紅白刺しとの相性も良いですね。馬刺しの旨味や甘めのたまり醤油に負けないどころか、それを圧倒する勢いがあります。美味しい!

ジブリで例えると、「ゲド戦記」のテナー。テルーの育ての親で、ハイタカの幼馴染。優しさもあるけど、なにより精神的に強いです。

満足度:★★★★☆

ゲド戦記©スタジオジブリ

寫楽

こちらをいただいた「時代おくれ」というお店、店長さんにインスタでフォローされて、気になって初めて伺いました。知らなきゃ絶対足を向けない路地裏の、馬肉がメインの小さな飲み屋さん。日本酒は少ないけどセレクトが良いですね。今回は飲めなかったけど、次回は、若駒の「馬肉に合う日本酒」を飲むために再訪したいです。

 

関連記事:

 

ブログランキング・にほんブログ村へ←投票リンク踏んでいただけると、とても嬉しいです。

[rakuten:mighty-liquors:10002427:detail]