こるね酒

原則毎日AM11時更新+α。日本酒好きのホルン吹きです。飲んだお酒を、ジブリ映画のキャラやシーンに例えながら紹介します。異論反論大歓迎。日本酒に詳しくない方でも、ジブリ作品に詳しくない方でも楽しんでいただけるように書いていきます。

[ジブリ酒]くどき上手 > 紅の豚

【くどき上手 純米大吟醸 出羽燦々33】

今年のNo.1が決定!(かもしれません)

くどき上手

大好きなくどき上手の、春の限定酒。去年も飲んでめっっっっちゃ美味しかったやつです。
出羽燦々(でわさんさん)を33%まで磨いた贅沢なお酒。それなのに価格は税抜3333円って、ありえないお得さです。ちなみに販売は特約店の中でも33店舗のみ。発売日は3月3日。遊んでるなあ。素敵!

香りはメロンの甘さと苦アルコール。最初はかすかだったけど、温度が上がってきたら華やかになってきました。
口に含むと、シロップの甘さと気持ち良い苦さ。甘さは引いていくけど苦味は最後まで残って、お米の旨味と共に後味じわびり。
あれ? 美味しいんだけど、去年ほどの感動がない。で、ふと思い付いて手のひらで包んで温めてみました。そしたら香りも華やかに立ってきたし、甘味もしっかり出てきた。とろっと甘苦。やっぱりめっちゃ美味しい。

とは言え、なんとなく、まだポテンシャルを隠してる気がします。これは、ちょっと置いたらさらに化けるんじゃないかな。来週残ってるのに期待を残します。

で、6日後にドキドキしながら再訪したら、まだ残っていました。やった!
飲んでみたら、期待以上で最高!
香りはメロンの甘アルフルーティー全開で至福。いつまでも嗅いでいられます。
口に含むと、シロップの甘さと出羽燦々らしい奥深く膨らむ旨苦さ。温度が上がってきたら幸せ甘トロ。もちろん最初に飲んだ時とほとんど同じ味わいなんですが、そのすべてがより豊かになっています。

ジブリで例えると「紅の豚」。キャラクターやシーンではなく、作品そのものです。甘くてほろ苦くて、難しいこと考えなくても気持ち良いし、考えれば考えるほど深い。出てくるキャラクターはみんな魅力的で、観終わったあとも幸せに浸れる。「ジブリで一番好きな作品は?」って聞かれたら、紅の豚か魔女宅で迷うくらいトップクラスに好きな作品です。
ちなみに今までこのパターンで作品そのものに例えたのは、魔女宅に例えた去年1位の不動だけ。

これは、早速今年のNo.1が決まってしまったかもしれません。少なくとも去年No.1の不動吊るしと同等以上に素晴らしかった。感動!

満足度:★★★★★

紅の豚©スタジオジブリ

くどき上手

 

関連記事:

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ←投票リンク踏んでいただけると、とても嬉しいです。

 

こるね酒店

「こるね酒店」でお勧めのお酒を販売中。
実際に飲んで美味しかったお酒だけを厳選して、わかりやすく紹介しています。
2021/5/25まで、ご購入いただいた方全員に、もれなく200円分のアマゾンギフト券をプレゼントするキャンペーンを実施中

今回紹介の出羽燦々33、5/1現時点でまだ奇跡的に買えます。←クリック

 

[rakuten:mighty-liquors:10002490:detail]