こるね酒

原則毎日AM11時更新+α。日本酒好きのホルン吹きです。飲んだお酒を、ジブリ映画のキャラやシーンに例えながら紹介します。異論反論大歓迎。日本酒に詳しくない方でも、ジブリ作品に詳しくない方でも楽しんでいただけるように書いていきます。

[ジブリ酒]大盃 > シャルル&おかみさん(天空の城ラピュタ)

【大盃 macho 純米雄町80% & Macho 純米愛山80%】(おおさかずき マッチョ)

低精白らしい力強い味。でも無駄な脂肪(雑味)は付いてません。

大盃

ラベルのインパクト!
これは注文するのに勇気がいります。たぶん力強い味わいなんだろうなという予想通り、両方とも精米歩合は80%の低精白。低精白→お米にタンパク質が残る→タンパク質と言えばマッチョ!なんだそうです。無理やりだけど、めっちゃわかる!
よく見ると、男がmachoで女がMacho。微妙に違うんですね。女性の方が大文字の分だけ強いのかな。

香りは両方似ていて、甘アルコールが気持ちいい。お、これは意外に美味しそう。意外と言ったら失礼なんだけど、やっぱり不安があったんです。でも、これはラベルのインパクトだけに頼ったお酒じゃなさそうですね。男女を比べると、男(雄町)の方が少し香り強め。

味わいも似ています。
低精白らしい、筋肉質な甘味旨味がたっぷりガツン。とは言え、甘ったるさは全然ありません。後半は旨味と控えめな苦味がビリビリ力強い。そして、これだけ低精白なのに無駄な脂肪(雑味)は付いていません。なるほどこれはマッチョ。
男女で比べると、男(雄町)は前半の甘味が強く、女(愛山)は後半から余韻にかけて膨らみがあって酸味でキレる。どっちも美味しいです。

ちなみに、このシリーズ、雄町と愛山をブレンドしたものもあるんだそうです。「ダンディマッチョマンとセクシーマッチョウーマンがフュージョンした”オカマッチョ”」って、蔵元の紹介文も面白い。他にも、キングオブ酒米山田錦を使ったMACHOキングとか、酒米非公開の覆面マッチョとか、野性味あふれる生酛のゴリマッチョとか。めっちゃ気になる! ゴリマッチョなんて、世界的な品評会・IWC2021でシルバーメダルを受賞してますし。

ジブリで例えると、両方「天空の城ラピュタ」から、男(雄町)はドーラの長男・シャルル。女(愛山)はおかみさん。
ほんとは男は親方にして夫婦共演にしたかったんです。でも、味わいにちょっと甘えん坊なところがあったからシャルル。親方とともにジブリの中のマッチョ代表格ですね。
そして女マッチョ代表格がおかみさん。ジブリには強い女性はたくさんいるけど、筋肉量じゃおかみさんが一番じゃないかな。20歳にして倍の年齢の親方を完全に尻に敷いてます。「いい子じゃないか、守っておやり」って台詞で、パズーに気を使わせずに逃がすのがカッコいい! あと、膨らみも豊か。

満足度:★★★★

大盃

 

 

関連記事:

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ←投票リンク踏んでいただけると、とても嬉しいです。

 

こるね酒店

「こるね酒店」でお勧めのお酒を販売中。
実際に飲んで美味しかったお酒だけを厳選して、わかりやすく紹介しています。
2021/5/25まで、ご購入いただいた方全員に、もれなく200円分のアマゾンギフト券をプレゼントするキャンペーンを実施中