こるね酒

原則毎日AM11時更新+α。日本酒好きのホルン吹きです。飲んだお酒を、ジブリ映画のキャラやシーンに例えながら紹介します。異論反論大歓迎。日本酒に詳しくない方でも、ジブリ作品に詳しくない方でも楽しんでいただけるように書いていきます。

[ジブリ酒]白鹿 > 油屋(千と千尋の神隠し)

【白鹿 すずろ】(はくしか)

するする飲める酸甘夏酒。ロックもOK

白鹿

春鹿夏しか秋鹿と続けてきた「鹿くらべ」企画、4つめは辰馬本家酒造さんの「白鹿」です。冬鹿というお酒は無かった。残念!

辰馬本家酒造さんは1662年創業。灘五郷と呼ばれる古くからの酒処・兵庫県西宮市にあります。従業員数180名、売上高ランキング13位(2017,帝国データバンク)の超大手酒蔵。奈良の春鹿→大阪の秋鹿と来て、兵庫の白鹿。だんだん西に移動してきました。

実はこの白鹿、たぶん僕が人生で一番たくさん飲んでるお酒です。大学の頃、週2で通ってた居酒屋さんに置いてあったのが白鹿。僕の日本酒体験はここから始まりました。
当時はお酒のことなんか全然わかってなかったし、出てくるときも3合くらいのでかい徳利に入ってたので、スペックはわかりません。まあ安いやつだと思うんですけどね。でも時々噂に聞く、罰ゲームとして嫌々飲む日本酒ではなく、ちゃんと好きでしたよ。まあそこは若気の至り、失敗も数々ありましたけどね。

今回いただく「すずろ」は、春夏限定のお酒。ついこないだ6月4日に発表された「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2021」のメイン部門で最高金賞を受賞しています。261社1000種ぴったりのエントリーから選ばれた最高金賞。メイン部門の最高金賞入賞率は5.5%。みんな自信のあるお酒をエントリーしている中での上位5.5%だから凄いことですよね。

ちなみにこのアワードは、銘柄を隠したブラインド審査。40名の審査員で1000種類のお酒を7段階評価するそうです。公式サイトに審査の様子が出ていたんですが、審査は1時間40品を目安に、1人あたり120品程度を担当するそう。これは大変だ。グラスはリーデル大吟醸グラス(プレミアム純米部門のみ純米グラス)なんですが、グラスの準備だけでもえらいことです。

さて、前置きが長くなりましたが、飲んでいきましょう。「冷やして美味い」と書いてあるのでキンキンに冷やします。

香りはほんのりリンゴっぽい酸。これは酸味ありそう。ちょっとオイリーな感じもありますね。

口に含むと、まずは爽やかフルーティーな酸味。やっぱりリンゴ酸かな? 香りから予想した通り、酸で爽やかさを演出するタイプですね。そして1歩遅れてジューシーな甘味がじゅわっ。後半になると苦味も出てくるけど、それも爽やか。めっちゃ飲みやすくて美味しい!

爽やかタイプだけど、意外に味がしっかりしているので、氷を浮かべてみました。そしたらさらに爽やか度が上がって、くいくい飲めちゃいます。これは危険! いつもは2日に分ける300ml瓶があっという間に空きました。

公式サイトにはスペックが載っていました。
アルコール:14~15度 ・・・ 少し低めではあるけど、しっかりお酒感あります。飲みすぎ注意。
日本酒度:マイナス2 ・・・ 甘め。酸味の後ろに甘味もしっかりあります。
酸度:1.4 ・・・ 意外に普通。もう少し酸度高いかと思ってました。

ジブリで例えると「魔女の宅急便」のキキ。爽やかでかわいくて真っすぐな、正統派ジブリヒロイン。甘くてフレッシュな感じが魅力ですね。特に旅立ちのシーンなんか希望にあふれてて大好き。後半になると苦みも出てくるけど、それも爽やかです。

満足度:★★★★

次回、鹿くらべ最終回です。

魔女の宅急便©スタジオジブリ

白鹿

白鹿

 

関連記事:

 

ブログランキング・にほんブログ村へ←投票リンク踏んでいただけると、とても嬉しいです。

 

こるね酒店

「こるね酒店」でお勧めのお酒を販売中。
実際に飲んで美味しかったお酒だけを厳選して、わかりやすく紹介しています。