こるね酒

原則毎日AM11時更新+α。日本酒好きのホルン吹きです。飲んだお酒を、ジブリ映画のキャラやシーンに例えながら紹介します。異論反論大歓迎。日本酒に詳しくない方でも、ジブリ作品に詳しくない方でも楽しんでいただけるように書いていきます。

[ジブリ酒]両関 > 紅の豚のクライマックスの2ヶ月後

【両関 Rz50 純米吟醸 Sweet Emotion】
(りょうぜき スイートエモーション)

大人の恋 甘さの奥に ほろ苦さ

両関

お久しぶりの両関さん。会いたかったよ。って、家飲みならこないだ翠玉を飲んでるんですけどね。Sweet Emotionは去年もいただいてるんですが、今年はクリアボトルになってだいぶ雰囲気が違いますね。カッコいい!

香りはわずかにフルーティー

口当たりはするっときれいに入ってきて、甘酸っぱさがふわり。それがずうっと消えていくかと思ったら、ほろ苦さと旨味を含んだ複雑な後味がほわあぁぁーー。これ、ただの甘い感情じゃない! 人生の豊かさもほろ苦さも打算も全部含んだ大人の恋愛の甘さ。うまあぁー。

これ、裏には「味わい 旨口」って書いてるんですよね。Sweet Emotionなのに甘口じゃなくて旨口。つまり、甘い感情だけど味わいが甘い訳じゃないってことかな。日本酒度もマイナス2.4だから、甘いけど激甘ってわけじゃない。

温度は基本は冷酒ですね。キンキンに冷やすのが一番美味しかった。温度が上がってきて常温近くになってもイケます。試しにちょっとだけ燗にしてみたら、酸味がかなり立ってきて、これはこれで悪くない。でもやっぱりキンキン冷酒かな。

ジブリで例えると「紅の豚」の、クライマックスの2ヶ月後くらい。ポルコはさんざん悩みに悩み抜いた挙げ句、昼間にジーナさんの庭を訪れます。もちろんそんなシーンはないので僕の妄想。でも、エンディングではホテルアドリアーノにポルコの飛行艇が描かれているので、そんなシーンが絶対あったはず。ジーナさんの気持ちにもやっと気付いて、でもかつての親友達に申し訳ない苦味もあって、自分の気持ちに正直になれなくて、それでもなんとか勇気を振り絞って会いに行くポルコ。そのくせ実際に会うときにはカッコつけちゃうんですよね。でもそんなの、ジーナさんには全部お見通し。そんな大人のカッコ悪い恋愛です。それが良い。

満足度:★★★★

両関

 

関連記事:

 

ブログランキング・にほんブログ村へ←投票リンク踏んでいただけると、とても嬉しいです。

 

こるね酒店

「こるね酒店」でお勧めのお酒を販売中。
実際に飲んで美味しかったお酒だけを厳選して、わかりやすく紹介しています。