こるね酒

原則毎日AM11時更新+α。日本酒好きのホルン吹きです。飲んだお酒を、ジブリ映画のキャラやシーンに例えながら紹介します。異論反論大歓迎。日本酒に詳しくない方でも、ジブリ作品に詳しくない方でも楽しんでいただけるように書いていきます。

大関 > 美人の女上司

大関 超特撰 大坂屋長兵衛 大吟醸
(おおぜき おおさかやちょうべえ)

温度帯で 性格変わる 大吟醸

大関

こないだ大関の、ワンカップワンカップ大吟醸純米大吟醸の飲み比べをしました。なかなか楽しかったなあ。ところが、またスーパーで新しいお酒を見つけてしまいました。「大関創始者の名にちなんだ、自信の大吟醸酒」だそうです。瓶の佇まいが本気ですね。

まずは雪冷え(5℃)くらいに冷やしていただきます。

香りはほんのり酸味と黒糖の甘味。
口に含むと、すっきり旨味と苦味がきれい。甘味はあんまりないけど、ちょっと黒蜜っぽい気配があります。アル添大吟醸らしい上品さが良いですね。

っと、温度が上がってきたら性格変わってきました。口当たりにちょっととろみが加わって、甘味も苦味も開いてる。さっきはあまり感じなかった含み香も蜜甘アルコールで、後味の苦味と相まってふわじわぁ。こっちの方が本領っぽいですね。美味しい! 花冷え(10℃)~涼冷え(15℃)くらいが良い感じです。

公式サイトにスペックが出ていました。
アルコール度数:15% ・・・ 普通ですね。体感でもそれくらい。
日本酒度:+4 ・・・ ちょい辛口です
酸度:1.3 ・・・ ちょい低め
まあだいたい予想通り。ちなみにこのお酒、2013~2021年の9年間、モンドセレクションで連続金賞受賞なんだそうです。凄い!

ジブリで例えると・・・と思ったんですが、このタイプ、ジブリにはちょっといませんね。妄想でキャラ膨らませてみます。
これは美人の女上司タイプですね。異動した先の課長。仕事ができるけど、ちょっと厳しい女性。
でもある日、その人と二人で出張にいくことになるんです。商談をまとめて、二人で日本酒の美味しい居酒屋で打ち上げ。美人だけどとっつきにくい上司と二人きりで、最初は何を話していいかわかりません。でも酒が進むと、その人が実にかわいくとろんと酔っぱらうんです。「○○君には期待してるんだから」なんて普段全然言わないこと言って、ボディタッチまでしてきちゃう。こりゃ会社に行くのが楽しくなります。また誘っちゃお。

という感じのお酒でした。

満足度:★★★★


画像入手元:photoAC

大関

 

関連記事:

 

ブログランキング・にほんブログ村へ←投票リンク踏んでいただけると、とても嬉しいです。

 

こるね酒店

「こるね酒店」でお勧めのお酒を販売中。
実際に飲んで美味しかったお酒だけを厳選して、わかりやすく紹介しています。