こるね酒

原則毎日AM11時更新+α。日本酒好きのホルン吹きです。飲んだお酒を、ジブリ映画のキャラやシーンに例えながら紹介します。異論反論大歓迎。日本酒に詳しくない方でも、ジブリ作品に詳しくない方でも楽しんでいただけるように書いていきます。

[特集]W(ダブリュー)

酒蔵さんまとめ企画、月桂冠・菊正宗に続く第3弾は大好きな「W(ダブリュー)」さんです。

W

正直、第1弾と第2弾は、手に入りやすいから紹介したという面もあります。ちゃんと美味しいですけどね。でも今回は本気で大好きな銘柄。飲んだのが10種類になった記念にまとめます。

Wは、岐阜県飛騨市古川町にある渡辺酒造店が醸すお酒。こちら、世界酒蔵ランキング2020で1位になった凄い酒蔵さんです。
渡辺酒造店さんのメイン銘柄は「蓬莱」。蓬莱は昔からある銘柄ですし、場所によってはスーパーでも売ってます。蓬莱も美味しい。ところが、渡辺酒造店さんが地酒専門店に営業に行ったところ、「スーパーで売ってるようなお酒はうちではいらない」と言われたそう。そこで開発したのが、販路を限定した上位ブランドのWなんです。

Wの由来は、渡辺酒造店(Watanabe)、世界(World)、そして笑い(Warai)。日本で一番笑顔あふれる蔵を目指している渡辺酒造店らしいネーミングです。

ちなみに蓬莱の方のネーミングは、めちゃくちゃあざといものが多いです。「蔵元の隠し酒」とか「家宝伝承酒」とか「最高級極秘酒」とか「裏事情」とか「家伝手造り」とか「出品酒 ノーラベル」とか。でも前提として大事なのが、そもそものお酒が美味しいことなんですよね。ラベルで煽って中身が大したことなかったら、もうそこのお酒は飲む気がしなくなります。でも、蓬莱は美味しいという信頼があるから、喜んで煽りに乗っちゃう。Wも同じように、どれを飲んでも美味しいから、見たことない色を見つけたら、真っ先に飲んじゃいます。

ちなみにこのあたりの考え方は、渡辺酒造店の渡辺久憲社長が書かれた本「日本酒がワインを超える日」でも詳しく書かれています。一番下に、本の販売リンクも貼っておきますね。

で、肝心の味わいです。
Wは、トップ画像でもあるようにいろんな種類があります。全て原料米が違いますが、共通しているのは、全部が純米大吟醸ということ。そして基本的にはどれも甘旨フルーティーです。豊かな甘味がじゅわっと広がるイメージがありますね。

でも、たくさんあると選べませんよね。どれを選べばよいかと聞かれたら、僕なら「まずは目についたもの」と答えます。どれを飲んでも美味しいです。しかも数量限定だから、会えるのは今だけかもしれません。

ただ、その中でも僕が特に美味しかったのを挙げるなら、定番の「山田錦」と、珍しいお米「穀良都」ですね。このふたつは本当に感動的でした。
とは言えこのふたつに限らず、どれも美味しいです。見かけたらぜひ飲んでみてください。

ここから下は、過去の記事のリンクです。
山田錦と穀良都だけさいしょに置いておいて、あとは最近飲んだもの順です。今後も新しいものを飲んだら、こちらにどんどん追加していきますね。

 

 

関連記事:

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

←投票リンク踏んでいただけると、とても嬉しいです。

 

こるね酒店

「こるね酒店」でお勧めのお酒を販売中。
実際に飲んで美味しかったお酒だけを厳選して、わかりやすく紹介しています。