こるね酒

原則毎日AM11時更新+α。日本酒好きのホルン吹きです。飲んだお酒を、ジブリ映画のキャラやシーンに例えながら紹介します。異論反論大歓迎。日本酒に詳しくない方でも、ジブリ作品に詳しくない方でも楽しんでいただけるように書いていきます。

[ジブリ酒]天美 > 海ちゃん(コクリコ坂から)

天美てんび 新酒 純米吟醸 にごり生】

爽やかで かわいい甘酸 苦フレッシュ

天美

天美
天美

11月にも飲んだ、大好きな天美さんのにごり。通称「青天」です。実は2月発売の天美うすにごり・通称「桃天」を買いに行ったらまだ入荷してなくて、代わりに1本だけ残ってた青天を買ってきたんです。これはこれでラッキー。居酒屋さんで飲むと、経時変化とかを見れませんからね。それに、上澄みとにごりの比較もしてみたい!

できるだけ揺らさないように慎重に持って帰って開栓。このお酒はガス抜き用の穴開きキャップ仕様。ガス感たっぷりなので、吹き出すのが怖くて慎重に栓を開けていきます。

天美
・・・あれ?
普通に開いちゃいました。「ポン」とも言わない。まあ、3か月たってちょっとガスが抜けたのかもしれませんけどね。拍子抜けしましたが、まあ飲んでいきましょう。

まずは上澄みからいただきます。
香りは乳酸バナナが爽やか。
口に含むと、フレッシュぴちぴち微炭酸。それに続いて、かわいらしいバナナな甘味と、爽やかな酸味苦味が、ふぉわんっと開きます。アルコール感も気持ちいい。
うんまーー!!

おっと危ない。美味しくて、上澄みだけで1合近く飲んじゃいました。
ここから澱を混ぜてにごりを楽しみます。

ゆっくり優しく攪拌したら、栓を開けるときに「じゅーじゅー、ぽん♪」と良い音。最初に開けたときには何も音がしなかったのに!

色は、透明感のあるにごり。そんなに濃くはありません。
香りは上澄みより、ほんの少しだけ甘酒感が加わってます。
口に含むと、おっ!甘い! 基本はさっきと同じなんですが、リンゴのようなフルーティーな甘味と、甘酒のお米の甘味が強くなっています。
うんまーー!!、んまーー!!
うん、これはやっぱり混ぜた方が好きです。甘味を中心とした複雑味がたまりません。


アテに用意したのは、チーズ。といってもナチュラルチーズではなく、スーパーで売ってるQBBのベビーチーズです。「おうち居酒屋」シリーズの1年熟成というやつ。普通のよりちょっと旨味が濃い目ですね。これがまた、天美さんにめちゃくちゃ合うんです。そりゃ合うだろうと思って買って来たんですが、こんなに凄いとは!! お互いに引き立てあって幸せ~。

そして、買ってきて試したかったのが、経時変化。11月に飲んだ時も口開け当日でしたし、何より、とある天美ニストの方が「3日目の天美、凄いですよ」っておっしゃってて、めっちゃ気になってたんです。

2日後、その3日目の青天さんをいただきます。

おおおっ!
初日に比べて、ちょっと丸く穏やかになってます。そして、甘味が増してて最後にぽわん。含み香も豊かになって、口いっぱいに甘苦じゅわん。
うっっっまー--!!!
これは、さらにめちゃくちゃ美味しい!

4日目も、3日目と同じ感じでした。もうちょっと変化を見たいところだったんですが、ここで飲み切り。というか、美味しくて残すことができませんでした。ちびちび味わい尽くしながらも、次のひと口。というのを繰り返してたら、すぐになくなっちゃいました。あ〜、幸せ。

ジブリで例えると「コクリコ坂から」の海ちゃん。かわいくてしっかりした主人公です。青春プチしゅわ。
上澄みだと、物語中盤、好きになってはいけない人を好きになってしまった甘美な苦味と、お父さんがいなくてお母さんも遠くにいる寂しい苦味が印象的。
でも、にごりになると、終盤。お母さんが帰ってきて、恋に突き進む覚悟もできます。甘ったるくはない、しっかり自分を持った甘苦フレッシュです。

満足度:★★★★☆

天美

天美

 

関連記事:

 

ブログランキング・にほんブログ村へ←投票リンク踏んでいただけると、とても嬉しいです。

 

こるね酒店

「こるね酒店」でお勧めのお酒を販売中。
実際に飲んで美味しかったお酒だけを厳選して、わかりやすく紹介しています。