こるね酒

原則毎日AM11時更新+α。日本酒好きのホルン吹きです。飲んだお酒を、ジブリ映画のキャラやシーンに例えながら紹介します。異論反論大歓迎。日本酒に詳しくない方でも、ジブリ作品に詳しくない方でも楽しんでいただけるように書いていきます。

[ジブリ酒]両関 > バーサ(魔女の宅急便)

両関りょうぜき FLAME OF SKULLフレイム オブ スカル 純米吟醸

放置後に 熟成深みの 甘ほわぁ

両関

両関さんの甘口燗酒推奨酒。赤ドクロさんに続いて、今年から登場の青ドクロさんを飲んでいきます。

両関

燗推奨ですが、まずは冷や(常温)から。

両関

色はほんのり黄色。こちらも熟成の色。色合いは、赤ドクロさんと同じくらいです。
香りは、、、おっ! 全然違う! 乳酸に加えて、椎茸感のある不思議な熟旨味が前面に出ています。クセが強い! 面白い!

口当たりは、するっと酸味とほのかな蜜の甘味。熟成感ありますねえ。そこから味わいは大きくは変化しないんですが、口に含んだ直後から含み香がぼわっ! それにつられて熟成の苦味も出てきます。

面白い。面白いんだけど、正直そんなに好みではありません。

さあ、燗にしていきましょう。温度をあげたところから、ちびちび飲みつつ、ぬるくしていきます。
熱燗(50℃)~上燗(45℃)くらいでは、酸味が立ってしまって、あんまり好きじゃない。人肌燗(35℃)~日向燗(30℃)くらいが良いですね。甘さがほわんとふくらみます。うん、これくらいが好き。でも、期待ほどじゃないなあ。

ところが!

1週間ほど放置したら、甘味が開いて、熟成感もあって、酸味はちょっと優しくなりました。クセも減ってる。美味しい! 熟成の深みがある豊かな甘味が幸せです。

燗にしたら、それはそれでアリだけど、やっぱり酸味が立っちゃうかな。
僕がいちばん好きなのは、放置後の常温でした。

スペックは、
造り:純米吟醸 生詰 ・・・ お! こちらは生詰(1回火入れ)なんですね。
原料米:秋田酒こまち ・・・ 赤ドクロさんと同じ
精米歩合:55%
アルコール度数:15.0% ・・・ 普通。赤ドクロさんは16.0%でした
日本酒度:マイナス5.7 ・・・ 甘口。赤ドクロさんはマイナス3.5なので、さらに甘口。
酸度:1.5 ・・・ 普通。赤ドクロさんは1.8なので、ちょっと低くなっていますね

ジブリで例えると「魔女の宅急便」のバーサさん。ニシンのパイを焼くおばあちゃんのとこのお手伝いさんです。よく「婆さん」って呼ばれてると勘違いされてるけど、名前がバーサ。歳は取っていても楽しいことが大好き。キキのほうきにまたがったりしちゃうのがおちゃめさんですね。

満足度:★★★★

両関

両関

 

関連記事:

 

ブログランキング・にほんブログ村へ←投票リンク踏んでいただけると、とても嬉しいです。

 

こるね酒店

「こるね酒店」でお勧めのお酒を販売中。
実際に飲んで美味しかったお酒だけを厳選して、わかりやすく紹介しています。

 

[ジブリ酒]両関 > 黄色い服の女の子(魔女の宅急便)

両関りょうぜき FLAME OF SKULLフレイム オブ スカル 特別純米酒

放置後に 熟焼きみかん ぼわウマーー!!

両関

去年飲んでめちゃくちゃ美味しかった両関さんの甘口燗推奨酒。今年はいろんな温度でも楽しみたかったので、買っちゃいました。去年は赤ドクロさんだけだったんですが、今年は青ドクロさんも登場。ますます楽しみです。

両関

まずは赤ドクロさんから飲んでみましょう。燗推奨ですが、まずは冷や(常温)でいただきます。ちなみにこちらは熟成酒。醸造後2年間氷温で貯蔵し、さらに2年間蔵内冷暗所で熟成させたんだそうです。

両関
色はほんのり黄色。熟成の色でしょうね。
香りは、乳酸と蜜甘と熟苦がほんのりだけ。

口に含むと、酸味甘味がぽわん。やっぱり乳酸の酸味と蜜の甘味ですね。そしてその奥から、熟成っぽい旨味と苦味がじわり。

ここまでは、酸味くっきり熟成酒という感じですね。満足度では★★★☆。悪くはないけど、本領は発揮していない感じ。これが、燗になったらどう変わるかな?

燗にすると、焼き蜜柑みたいな酸甘が立って美味しい! 苦味は減ります。

でも、うーん、去年ほどの感動はないなあ。

と思って、1週間ほど放置してみました。
そしたら、熟甘味が開いてきた。おおっ!美味しくなってる!
さらにそれを燗にしてみたら、香りヤバい。甘味たぷたぷ熟成感ぽわん。口に含むと、焼き蜜柑をさらにバーボンに浸けたみたいな熟成が足されて、ぼわウマーー!!
これが本領発揮か! 美味しかった~。

スペックは、
造り:特別純米
原料米:秋田酒こまち
精米歩合:60%
アルコール度数:16% ・・・ ちょっと高め
日本酒度:マイナス3.5 ・・・ 甘口
酸度:1.8 ・・・ 高め

ジブリで例えると「魔女の宅急便」の、トンボの友達の、黄色い服の女の子、、、の33年後。この子、なぜかミカンのイメージがあるんですよね。色がミカンっぽいのと、性格もなんとなく。だから前に村祐の燗推奨酒・夏美燗(なつみかん)でも登場しました。それに熟成が加わって33年後です。まだキキと友達関係続いてたらいいな。

ちなみに宮崎監督、自分が作った全てのキャラクターは生きていて、彼の中で一緒に年齢を重ねてるんだそうです。サツキもメイも、もうおばさんになってる。魔女の宅急便の公開は1989年だから、あの女の子も33年分、歳を取ってることでしょう。

満足度:★★★★

f:id:corne_sake:20220122194642g:plain

両関

 

関連記事:

 

ブログランキング・にほんブログ村へ←投票リンク踏んでいただけると、とても嬉しいです。

 

こるね酒店

「こるね酒店」でお勧めのお酒を販売中。
実際に飲んで美味しかったお酒だけを厳選して、わかりやすく紹介しています。

 

 

[ジブリ酒]ばくれん > ドーラの若い頃(天空の城ラピュタ)

【ばくれん 超辛口吟醸

ど辛口 意外に優しい 口当たり

ばくれん

はじめましてのばくれんさん。大好きな「くどき上手」を醸す亀の井酒造さんの超辛口酒です。前から存在は知ってたし、なんなら、くどき上手よりもよく見かけます。でも、僕は辛口があんまり得意じゃないので、ちょっと敬遠してたんですよね。
でも最近、辛口が苦手と言うのにも自信がなくなってきました。だって、辛口で美味しいお酒がいっぱいあるんだもん。

ばくれんには3種類あって、通年販売しているのは赤ばくれん、2月頃に出る生酒の黒ばくれん、そして今回のが、秋に出てくる白ばくれんです。他にも、夏新ばくれんとか虹色ばくれんとかもいるみたいですね。

ちなみに、ばくれんというのは漢字では莫連。山形弁で「すれっからしの女」とか「あばずれ」とかいう意味だそうです。うん。僕の苦手なタイプ。お酒の方はどうかな?

香りは乳酸甘アルふわん。ほんのりお米の甘さも。えっ? 香りに甘さがある!?

口当たりは、優しい酸旨するり。ほのかな気配だけですが、甘味も感じます。お、意外!
そこから旨味がじわじわじわりと広がって、最後は辛ズパッ! そして強アルコールの含み香がぶおおっ!

やっぱりど辛口です。でも、アタックが優しいから飲みやすい。そのギャップが良いですね。めっちゃ怖い不良少女が、実は猫にメロメロになってるみたいな。で、僕が見てることに気付くと「ナニ見てんだテメエ、ぶっ飛ばすぞ」とか凄みつつ、手は猫をこねくり回してるんです。思わず、「うちの猫を見に来る?」って誘っちゃいそう。

スペックは、
造り:吟醸 生詰
原料米:播州山田穂 ・・・ 山田穂は、酒米の王様・山田錦のお母さんです
精米歩合:55%
アルコール度数:18% ・・・ 強い
日本酒度:+15~18 ・・・ やっぱり超辛口
酸度:1.2 ・・・ 低め
酵母:小川10号

ジブリで例えると「天空の城ラピュタ」のドーラの若い頃。ドーラの部屋に肖像画がかかってるんですが、これがまたかわいい! かわいいけど、既に立派な海賊です。でもかわいい! 、、、年とってからのことは考えないようにしましょう。

満足度:★★★★

ばくれん

ばくれん

 

関連記事:

 

ブログランキング・にほんブログ村へ←投票リンク踏んでいただけると、とても嬉しいです。

 

こるね酒店

「こるね酒店」でお勧めのお酒を販売中。
実際に飲んで美味しかったお酒だけを厳選して、わかりやすく紹介しています。

 

 

[ジブリ酒]九頭竜 > アリエッティの部屋(借りぐらしのアリエッティ)

九頭竜くずりゅう 垂れ口】

力強い フレッシュハーブの 甘苦さ

九頭竜

黒龍酒造さんの九頭竜。そういえば、黒龍さんは時々登場してるけど、九頭竜さんは初めてですね。でもこちらのお酒は、去年もいただいた「黒龍 垂れ口」と同じ造りで、ブランドだけ変えて生まれ変わったものなんだそうです。黒龍 垂れ口は美味しかったから、こちらも楽しみ♪

香りは、糖分くっきりな甘アルコール。
口当たりから糖甘じゅわっ! うまっっ!!!
フレッシュなハーブ感がある、しっかり苦味も絶妙です。
それが18%の高アルコールに乗ってぶおん!

スペックは、
造り:うすにごり 生酒
原料米:五百万石
精米歩合:65%
アルコール度数:18% ・・・ 強い
日本酒度:マイナス5.5 ・・・ 甘口

ジブリで例えると「借りぐらしのアリエッティ」の、アリエッティの部屋。女の子らしいかわいさに加えて、植物いっぱいのフレッシュ感があります。

満足度:★★★★

借りぐらしのアリエッティ
©スタジオジブリ

九頭竜

九頭竜

 

関連記事:

 

ブログランキング・にほんブログ村へ←投票リンク踏んでいただけると、とても嬉しいです。

 

こるね酒店

「こるね酒店」でお勧めのお酒を販売中。
実際に飲んで美味しかったお酒だけを厳選して、わかりやすく紹介しています。

 

[ジブリ酒]醸し人九平次 > クシャナ(風の谷のナウシカ)

醸し人九平次かもしびとくへいじ 火と月の間に 純米吟醸 山田錦

力強い 上質辛口 燗専用

醸し人九平次

醸し人九平次の燗専用酒です。飲んでみたかったんですよね、これ。いただいたのは、最近お気に入りになったお店。こちら、いま飲めるお酒を毎日アップしてくれてるんです。だから、通勤の通り道からは外れてるんだけど、つい寄っちゃいます。この日も、九平次さんを目当てに、ラストオーダー間際に伺いました。

冷や(常温)で味見すると、辛ズバちょい苦! うん。普段の九平次さんと全然違う!

それでは本番。熱燗(50℃)から始めます。
香りは辛アルふおーー!!
口に含むと、キリっと辛口。冷やの時の苦味は消えて旨スパッ。切れ味鋭いようでいて、余韻はじんわり。甘味はほんのわずかで、ほとんど感じません。

ぬる燗(40℃)くらいになると、かすかな甘味と酸味を感じるようになって、人肌燗(35℃)くらいで出てくる苦みもアリ。でも好きだったのは上燗(45℃)~熱燗(50℃)くらいですね。

やっぱり普段の九平次さんとは全く違う辛口でした。でも、きれいなのは同じ。

ジブリで例えると「風の谷のナウシカ」のクシャナナウシカと対になるもう一人のヒロインなんだけど、甘いところは全くなくて、意志の力が強いです。

クシャナナウシカが対になってるというのは、クシャナ(Cusianaa)とナウシカ(Nausicaa)のスペルがアナグラムになってることでも明らかです。それにそもそも映画タイトル画面のタペストリーも、上がナウシカクシャナを表してるんですよね。映画での活躍はそれほどでもなかったけど、漫画版ではもっと魅力的。
風の谷のナウシカ

それと、クシャナの考察で面白かったのは、博多佐之助さんという方のブログの記事。「クシャナは物語が進むごとに服装が軽くなる。それは心の開放にリンクしているのでは?」とのこと。 おおお!なるほど! これは刺さりました!

満足度:★★★★☆

醸し人九平次

醸し人九平次

 

関連記事:

 

ブログランキング・にほんブログ村へ←投票リンク踏んでいただけると、とても嬉しいです。

 

こるね酒店

「こるね酒店」でお勧めのお酒を販売中。
実際に飲んで美味しかったお酒だけを厳選して、わかりやすく紹介しています。

 

 

[ジブリ酒]六十餘洲 > キキのお父さん(魔女の宅急便)

六十餘洲ろくじゅうよしゅう 純米吟醸 生原酒】

するりから じわじわしっかり 旨味酒

六十餘洲

はじめましての六十餘洲さん。長崎のお酒です。六十餘洲(六十余州)とは、畿内・七道の66国と壱岐対馬の2国を合わせた、日本全国という意味だそうです。
こちらも先週の千代田蔵と同じで、このお店で毎回お会いする常連さんにおすすめされて飲んでみました。

香りは、乳酸とかすかにアルコール。
口当たりは、乳酸の酸味と蜜の甘味がするり。そこから穏やかな旨味と酸味とほのかな甘味がじわり。薄口かと思ったら、旨味がじわじわしっかり。
おおっ! これは美味しい!

ジブリで例えると「魔女の宅急便」のオキノさん。キキのお父さんです。初めて見たときは、最初と最後にちょっとだけ出てくる脇役かと思ってました。でも、設定を知るとじわじわ旨味が出てくるんです。この人、魔女や妖精の研究をする民俗学者なんです。それで、研究対象と恋に落ちて結婚しちゃった。ドラマチック!
娘との最後のキャンプも楽しみにしてたんだろうなあ。でも、娘の旅立ちをきちんと見送ってる。キキが出発したシーンでは、涙ぐむ奥さんをちゃんとなぐさめてる。めっちゃ良いお父さん。

満足度:★★★★☆

六十餘洲

六十餘洲

 

関連記事:

 

ブログランキング・にほんブログ村へ←投票リンク踏んでいただけると、とても嬉しいです。

 

こるね酒店

「こるね酒店」でお勧めのお酒を販売中。
実際に飲んで美味しかったお酒だけを厳選して、わかりやすく紹介しています。

 

 

わかむすめ > スカーレット・オハラ(風と共に去りぬ)

【わかむすめ 牡丹ぼたん 純米吟醸 無濾過生原酒 超限定 直汲み】

華やかな 甘苦じゅわウマ フルーティー

わかむすめ

わかむすめ
わかむすめ

いつ飲んでも美味しいわかむすめさん。牡丹ははじめましてですね。でも、もう信頼してるので、お店に入って見つけた瞬間に注文です。

香りは、フレッシュなメロンとハーブがふおっ! 美味しいのは確実で、あとは美味しいか、めっちゃ美味しいかのどちらか。期待が高まります!

口に含むと、微ピリ炭酸感と、甘味苦味。そしてフルーティーな酸味がとろん。そこから甘苦がさらにじゅわっ。
華やかじゅわウマ!!!
めっちゃめっちゃ美味しかったーー!!!
余韻もたっぷり気持ちいいですね。

これは確かに牡丹。まっ赤な牡丹の花のような華やかさです。

この華やかさは、ジブリにはちょっといませんね。別の映画で例えると、「風と共に去りぬ」の主人公スカーレット・オハラ。往年の名作です。映画の公開は1939年!? 僕はもちろんのこと、うちの父だって生まれてません。調べてみたら、僕がテレビで見たのがたぶん1988年。まだ昭和ですよ! これを読んでくれている方でも見たことない人の方が多いんじゃないかな。
南北戦争時代のアメリカを舞台に、華やかな美女が燃えるような恋をするお話し、、、だったと思います、たぶん。アトランタが焼け落ちるシーンと、真っ赤なドレスはなんとなく覚えてるんですが、なんせ34年も前なので、ストーリーはほとんど忘れてますね。

満足度:★★★★☆

風と共に去りぬ

わかむすめ

わかむすめ

 

関連記事:

 

ブログランキング・にほんブログ村へ←投票リンク踏んでいただけると、とても嬉しいです。

 

こるね酒店

「こるね酒店」でお勧めのお酒を販売中。
実際に飲んで美味しかったお酒だけを厳選して、わかりやすく紹介しています。