こるね酒

日本酒好きのホルン吹きです。飲んだお酒を、ジブリ映画のキャラやシーンに例えながら紹介します。日本酒に詳しくない方でも、ジブリ作品に詳しくない方でも楽しんでいただけるように書いていきます。

[ジブリ酒]蓬莱 > ウルスラ(魔女の宅急便)

【蓬莱 家宝伝承酒 赤磐セブン 純米大吟醸(ほうらい)

じっちゃんの名にかけた秘伝大吟醸

蓬莱

渡辺酒造店の蓬莱をもう一杯。赤磐セブンというお酒です。家宝伝承酒というのがものものしいですね。
なんでも、蔵元が仏壇を整理してたら、先々代の書き残した手帳を見つけたそうです。曰く、「米は赤磐産の雄町を最上とスル。発酵力が旺盛な7号酵母を使用すべし。もろみは完全発酵させて柑橘の芳香を出すべし」。赤磐雄町で7号酵母だから赤磐セブンなんですね。究極の名酒造りを目指した祖父の遺志を受け継いだお酒。これは胸熱です。

香りは、アルコール中心ですね。
口に含むと、お米の甘味と、控えめに乳酸&フルーティーな酸味。一歩遅れて苦みも現れます。そしてこちらも、含み香がふくよかで素晴らしい。美味しいです。

ジブリで例えると「魔女の宅急便」のウルスラ。森に住む絵描きさんです。かわいいけど、見た目はあまり気にしないさっぱりした性格。そして絵を描くことに対する熱い想いがバリバリ。

満足度:★★★★

蓬莱

 

関連記事:

 

ブログランキング・にほんブログ村へ←投票リンク踏んでいただけると、とても嬉しいです。

 

[ジブリ酒]蓬莱 > 風の谷のナウシカのオープニング

【蓬莱 最高級極秘酒 純米大吟醸(ほうらい)

甘苦ズドンからのフワっ

蓬莱

Wをよく見かける渡辺酒造店さんのメインブランド・蓬莱。Wは2020年だけでも7杯飲んだんですが、蓬莱は初めてです。しかも最高級極秘酒って、見るからに凄そう。表にはラベルを貼ってない真っ黒瓶というのが攻めてますね。「世界コンクールに出品するために、杜氏が自ら取り置きしておいた最高級の極秘酒」なんだそうです。こちらは、隣で開催されていた日本酒の会に飛び入り参加して飲ませていただきました。ありがとうございました。

香りは、飴の甘さとかすかに気持ちよいアルコール。
口当たりはとろ甘。そして、甘味とアルコール由来っぽい苦味がズドン。でもその重さは、一瞬後に高アルコールの翼に乗って、鼻から抜けてふわっと飛んでいきます。めちゃくちゃ美味しい。

この甘味はWに通じるものがありますね。16度にしては強いアルコールを感じますが、アルコールの嫌な感じは全くなくて、良い部分だけが立っています。余韻は味には残らないけど、香りの気配が残っている感じで幸せ。

ちなみに渡辺酒造店さんは、先日発表された世界酒蔵ランキング2020で、見事第1位を獲得されました。おめでとうございます! このランキングは、その年に開催された有力な日本酒コンテストの受賞実績をポイント化して酒蔵ごとに集計するという面白い方法でランク付けしたものです。しかも、お酒の名前を隠してブラインドで審査するコンテストだけを集計対象にしたとのことなので信頼できそう。5つのコンテストに13のお酒が入賞されています。凄い!

ジブリで例えると「風の谷のナウシカ」のオープニング。宮崎監督が木綿の布に水彩絵具で描いたタペストリー風の歴史絵巻。その重厚な歴史から、急に抜けの良い青空に切り替わり、メーヴェがふわりと飛んでいきます。

満足度:★★★★☆

風の谷のナウシカ

風の谷のナウシカ©スタジオジブリ

蓬莱

 

関連記事:

 

ブログランキング・にほんブログ村へ←投票リンク踏んでいただけると、とても嬉しいです。

 

[ジブリ酒]澤屋まつもと > 月島朝子さん(耳をすませば)

【澤屋まつもと Kocon】(ここん)

シュワ旨低アル大吟醸

澤屋まつもと

香りはほのかに旨味のコク。
口当たりはシュワシュワ炭酸で、優しい旨味。甘味も酸味もほとんどなくて、しかも低アルコールです。でも、物足りなさは全然ありません。美味しい。
瓶を見ると、瓶詰は2019年1月で出荷は2020年11月。ほぼ2年熟成ですね。確かに味は乗っています。でも、それ以外に熟成感は感じられず、むしろフレッシュな印象。

ジブリで例えると「耳をすませば」の月島朝子さん。主人公・雫のお母さんです。40代にして大学院に通っているからか、大学生の娘がいるわりにはフレッシュな感じ。原作では専業主婦なんですが、ジブリ版では大学院生。これは、「自分のやりたいことに正直に生きる」という映画のテーマをより際立たせるための変更でしょうね。

満足度:★★★★

澤屋まつもと

 

関連記事:

 

ブログランキング・にほんブログ村へ←投票リンク踏んでいただけると、とても嬉しいです。

 

[ジブリ酒]磯自慢 > おじい(未来少年コナン)

【磯自慢 別撰本醸造(いそじまん)

飲んだ後からさらに膨らむ幸せ

磯自慢

香りはほんのりと気持ちいいアルコール。
口当たりはするするで、ほのかな甘味と旨味を感じます。そして、それに続いて終盤にかすかな苦味。全く抵抗なく喉の奥まで入っていきます。上質で美味しい薄口。
と思ったらそこから豊かな含み香が広がり、余韻がじわじわ。口の中にいるときも美味しかったけど、飲んだ後からさらに幸せが押し寄せる。素晴らしいお酒でした。

いやあ、磯自慢はほんといつ飲んでもめちゃくちゃ美味しいですね。ちなみに下の写真は、馴染みのお店のお姉さんが「磯自慢 愛山」のボトルが綺麗だからと、やわらぎ水用の瓶に改造した「嘘自慢」。このセンス、大好き!

磯自慢

ジブリじゃないけど例えると「未来少年コナン」のおじい。コナンの育ての親です。血が繋がってるかどうかは不明。たぶん、あえて描かないようにしたのだと思います。最初の2回だけ出てきて、すぐに登場しなくなるけど、折に触れて思い出されます。

満足度:★★★★☆

磯自慢

 

関連記事:

 

ブログランキング・にほんブログ村へ←投票リンク踏んでいただけると、とても嬉しいです。

 

[ジブリ酒]楯野川 > コダマ(もののけ姫)

【楯野川 純米大吟醸 清流】(たてのかわ)

きれいな薄口大吟醸

楯野川

香りはバナナの吟醸香と控えめにアルコール感。
口当たりは、するっと入ってきて、ほんのかすかに甘酸を感じたかと思ったら、あっという間に消えてなくなります。その後で鼻に抜ける含み香もふんわり。主張は強くはありませんが、とてもきれいなお酒です。

オフィシャルサイトを見たら、スペックが載っていました。アルコール14%、日本酒度マイナス2、酸度1.4、アミノ酸度1.0。なるほど、度数低めで、すっきりしてそうな数値です。日本酒ビギナー向けとのことですが、確かに飲みやすい。

そうそう、こないだ「楯野川」は「たてのかわ」だったって話を書きましたが、オフィシャルサイトのURLもちゃんと「tatenokawa.com」でした。

ジブリで例えると「もののけ姫」のコダマ。儚く美しい自然の象徴です。水がきれいじゃないと生きていけなそう。ちなみに、ラストシーンに1匹(?)だけ出てくるコダマがいますが、彼(?)は後に成長して、トトロになるそうです。これは宮崎監督自身がドキュメンタリー「もののけ姫はこうして生まれた」などで語っていること。救いのないラストに少しでも希望を入れたいとのスタッフの想いに応えて、でっち上げたそうです。

満足度:★★★☆

楯野川

 

関連記事:

 

ブログランキング・にほんブログ村へ←投票リンク踏んでいただけると、とても嬉しいです。

 

[ジブリ酒]あべ > 菜穂子父(風立ちぬ)

【あべ 定番純米】

新潟らしいきれいな日常酒

あべ

香りは乳酸の酸味が気持ちいい。
口に含むと、優しい酸味と旨味がきれいです。後半に広がるアルコールの含み香も良い感じ。
これは日常的に飲みたくなるお酒ですね。昔ながらの日本酒の雰囲気を残しつつ、新潟らしいきれいさが光ります。

ジブリで例えると「風立ちぬ」の菜穂子父。昭和初期のモダンなお金持ち。二郎と菜穂子の二人を見守る人物です。顔がカリオストロ伯爵っぽいって宮崎監督にも言われたけど、そのまま進められたそうです。

満足度:★★★★

あべ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ←投票リンク踏んでいただけると、とても嬉しいです。

 

 

[ジブリ酒]にいだしぜんしゅ > ススワタリ(となりのトトロ)

【にいだしぜんしゅ 生酛 純米吟醸

甘苦生酛感爆発

にいだしぜんしゅ

福島・仁井田本家さんの「にいだしぜんしゅ」。好きなんですが巡り合うことが少なくて、久しぶりです。お米は栽培段階からこだわった自然栽培米だし、酵母に至っては蔵にもとから住んでいる酵母だけという変態的なこだわり。だから、年によって味が変わったりもするそうです。

色はほんのり黄色みがあります。やっぱり蛇の目猪口だとわかりやすくて良いですね。
香りはいかにも生酛という感じで旨味たっぷり。
口に含むと、いきなり甘味と一緒に生酛のクセがドカン! そして爆発の余韻のような苦味が口に残ります。
初心者向けとは言えないけど、ここまではっきりしてると面白いですね。好きです。

ジブリで例えると「となりのトトロ」のススワタリ。別名まっくろくろすけ。古い家に住み着いてる妖怪?付喪神? クセはあるけどかわいいです。「ニコニコしとれば、悪さはしねぇ」っていうのも良いですね。お酒もニコニコ楽しく飲みましょう。

満足度:★★★☆

にいだしぜんしゅ

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ←投票リンク踏んでいただけると、とても嬉しいです。