こるね酒

原則毎日AM11時更新+α。日本酒好きのホルン吹きです。飲んだお酒を、ジブリ映画のキャラやシーンに例えながら紹介します。異論反論大歓迎。日本酒に詳しくない方でも、ジブリ作品に詳しくない方でも楽しんでいただけるように書いていきます。

[ジブリ酒]男山 > パズー(天空の城ラピュタ)

男山おとこやま プチプチ ゴリララベル 純米本生 微発泡うすにごり KEG DRAFT】

ピチシュワな 爽やか旨辛 うすにごり

男山

僕のレビューではおなじみ、しぼりたての風味やフレッシュ感を長期間そのまま維持できるという10Lタンクの日本酒サーバー「KEG DRAFT SAKE」シリーズから、男山さんです。
が!
こちら、いつもKEGをいただいている難波のお店ではありません。もう1軒の僕のホームグラウンド・河内小阪のお店に、KEGが導入されました。東大阪では初とのこと。

実はこちらのお店、最初にKEGを導入されたのは別の銘柄でした。でも、僕が忙しくて2週間伺うことができなかった間に、最初の1本は速攻で無くなっちゃいました。こちらのお店では、KEGを飲んだお客さんにカードを配られてるんですが、今回の僕の注文で通し番号が既に96。凄い人気!

男山

今回のお酒は、男山さん。でもややこしいことに、男山という銘柄は、全国に20種類以上あるそうです。
僕がこれまでに飲んだのは、陸前男山陸奥男山会津男山の3つ。

Wikipediaによると、そもそもの男山は、江戸時代に、現在の兵庫県伊丹市にあった大人気酒蔵さんだそう。石清水八幡宮の旧称である男山八幡宮にちなんで付けられた銘柄名です。でも、元祖男山さんは明治初期に廃業。それ以降に、その名にあやかった銘柄が全国各地に誕生したんだとか。その中で、元祖男山の正当な後継は、北海道の男山さん。元祖男山の蔵元のご子孫から、印鑑を引き継いだんだそうです。

今回は「貴」を醸す山口・永山本家酒造場の男山さんです。Wikipediaに載っていた24蔵の男山さんの中で、唯一前に地名がつかない男山さん。貴さんは、前にいただいた普通の特別純米KEGも美味しかったんですよね。こちらも楽しみです。
さあ、飲んでいきましょう。

色は、しっかりめのうすにごり。
香りは、米旨ほの甘ほわわん。お!良いですね。

口当たりは、ピチシュワ旨ぽん。意外に甘味は控えめだけど、それが良い方向に働いてます。爽やか旨辛口。
最後に旨味がじわっとふくらんで、ほわっと余韻を残しつつ爽やかきれいに消えます。

これはお肉にとても合うお酒。この日のアテのポークソテーベトナムハムに合わせたらめちゃくちゃ美味しかったです。

スペックは、
造り:特別純米 生 微発泡おりがらみ
精米歩合:60%
アルコール度数:14% ・・・ 低め

正杜屋さんでは、このタンクは冷蔵庫のガラス越しにしか見れないんですが、こちらではタンクを外に出して注がれていました。だから、初めてじっくり見れたんですが、なかなか興味深かった。銀色に見えてたタンクは、実は透明なPET樹脂。で、中に銀色の袋があって、その中にお酒が入ってるんです。袋と外側のPETの間にスキマがあるから、そこにポンプでしゅこしゅこ空気と入れて圧力を高めると、電源がなくてもコックを倒すだけでお酒が出てくるという仕組み。なるほど面白い。

ジブリで例えると「天空の城ラピュタ」の主人公・パズー。爽やかで若くてまっすぐな主人公。甘くはないけど優しいし、なんとなくお肉食べるの似合いそう。
「僕は海賊にはならないよ」って言ってたパズーの中の人が、後に「海賊王に、俺はなる!」って言ってるって話、大好き。

満足度:★★★★

男山

男山

 

関連記事:

 

ブログランキング・にほんブログ村へ←投票リンク踏んでいただけると、とても嬉しいです。

 

こるね酒店

「こるね酒店」でお勧めのお酒を販売中。
実際に飲んで美味しかったお酒だけを厳選して、わかりやすく紹介しています。

 

[ジブリ酒]瑞鷹 > カストルプ(風立ちぬ)

瑞鷹ずいよう 純米吟醸酒 あかがね

やわらかな フルーティーさと 収れん味

瑞鷹

瑞鷹

ひとつ前のタカノユメさんから、鷹つながりで瑞鷹さん。こないだ激甘の「東肥赤酒」を飲んだ熊本のお蔵さんの、こちらはれっきとした日本酒です。
赤酒は、今まで飲んだ液体の中で一番甘いんじゃないかというくらいの、めちゃくちゃ面白いお酒でしたからね。こちらは当然全く違うんでしょうけど、どんなのか楽しみです。

香りは、メロンとマスカットのフルーティーとアルコール。お、これ好き!

口当たりは、とろりやわらか甘酸。そこから甘酸旨がほわっとふくらみます。いい!
でも最後、後味は口の中がきゅっとなる収れん味と渋味。
うーん、惜しい! 最後の渋味はちょっと苦手でした。

スペックは、
造り:純米吟醸
原料米:山田錦
精米歩合:58%
アルコール度数:16% ・・・ 高め
日本酒度:-2 ・・・ ちょい甘

ジブリで例えると「風立ちぬ」のカストルプ。二郎が軽井沢で会った不思議なドイツ人です。最初は上品で陽気な紳士かと思ったら、なかなか後味厳しいことを言い出します。

カストルプの姿のモデルは、ジブリの元海外事業部長・スティーブン・アルパートさん。声優もご本人がされてます。この方が書かれた、「吾輩はガイジンである。 〜ジブリを世界に売った男〜」という本が、めちゃくちゃ面白かった。授賞式なんか大嫌いな宮崎駿監督の代わりに、ベルリン国際映画祭金熊賞アカデミー賞のオスカー像を受け取りに行ったエピソードとか大好き!

満足度:★★★☆

瑞鷹

瑞鷹

 

関連記事:

 

ブログランキング・にほんブログ村へ←投票リンク踏んでいただけると、とても嬉しいです。

 

こるね酒店

「こるね酒店」でお勧めのお酒を販売中。
実際に飲んで美味しかったお酒だけを厳選して、わかりやすく紹介しています。

 

 

[ジブリ酒]タカノユメ > モロの息子(もののけ姫)

【タカノユメ 夏純米 Dry Summer】

軽快に 爽やか辛口 旨味ぐわっ

タカノユメ

タカノユメ

はじめましてのお酒、愛知県名古屋市・山盛酒造さんのタカノユメさんです。やまもり酒造って、なんか豪勢で良い。と思ったら、蔵元が山盛さんなんですね。代表銘柄は、漢字表記の「鷹の夢」。「一富士二鷹三茄子」の縁起の良い夢と、お蔵さんがある「大高」という地名から名付けたんだそうです。
どんなお酒なんでしょう? って、ドライなのは見てわかるんですが。
さあ、飲んでいきましょう。

香りは爽やかな、ほんのりアル旨。
口当たりは、するり軽ーく水のよう。そして、穏やかな旨酸がふわっと広がっ、、、と思ったら最後に旨アルがぐわっ!

なるほどドライサマー。夏にぴったりな爽やか辛口です。甘味はほぼなくて、含み香の中にほんのり甘い気配があるだけ。含み香は旨アル中心で、後味が気持ちよくじわわん。

アルコールは15度と普通なんですが、味わいが軽快。キリっとしています。

ジブリで例えると「もののけ姫」の、モロの息子の犬神。精悍で甘さは全くありません。でもサンに対してだけは、わんこっぽくて、ちょっとかわいい。

満足度:★★★☆

タカノユメ

タカノユメ

 

関連記事:

 

ブログランキング・にほんブログ村へ←投票リンク踏んでいただけると、とても嬉しいです。

 

こるね酒店

「こるね酒店」でお勧めのお酒を販売中。
実際に飲んで美味しかったお酒だけを厳選して、わかりやすく紹介しています。

 

 

[ジブリ酒]菊正宗 > ルーン王子(猫の恩返し)

菊正宗きくまさむね 超特撰 しぼりたて大吟醸

やわらかで やさしい中に しっかり旨

菊正宗

1年ちょっとぶりの菊正宗さん。いわゆる大手メーカーの、スーパーに普通に売ってるお酒の中では、僕は菊正宗さんがいちばん好きなんです。前に特集記事も組んだくらい。

今回のお酒は、ネオパックというパック酒シリーズの、初めて見た大吟醸。前に「生酛大吟醸」を飲んで美味しかったんですよね。こちらも楽しみです♪

色は、くっきり黄色味がありますね。
香りは、ほんのわずかにフルーティー甘アル。

口当たりは、するっとやわらかな甘旨。それから旨味がほわっとふくらみます。やさしいなあ。でも、後味は意外にしっかり旨苦アルコール。きれいだけどちゃんと飲みごたえがあります。

菊正宗
菊正宗

旨味苦味はあるけど、変なクセはありません。だから、いろんな食事と合わせやすそう。今回合わせたのは、鉄板おつまみの「チーズの味噌漬け」と、「鮭と小松菜とエリンギの豆乳クリームスパゲッティ」どちらにもよく合っていました。

チーズの味噌漬けは、カンタンでめちゃくちゃ美味しいので、良かったら作ってみてください。

スペックは、
造り:大吟醸 生貯蔵酒
アルコール度数:15% ・・・ 普通
日本酒度:±3.5 ・・・ ちょい辛

ジブリで例えると「猫の恩返し」のルーン王子。冒頭で主人公ハルに助けられるイケメン猫王子です。物腰がやわらかでしなやか。しゅっとしてて毛並みもきれいで、実力もありそう。

満足度:★★★★

菊正宗

菊正宗
菊正宗

 

関連記事:

 

ブログランキング・にほんブログ村へ←投票リンク踏んでいただけると、とても嬉しいです。

 

こるね酒店

「こるね酒店」でお勧めのお酒を販売中。
実際に飲んで美味しかったお酒だけを厳選して、わかりやすく紹介しています。

 

 

9月のお勧め自選記事6選

毎月恒例の、振り返り記事です。9月に更新した分を見ていきましょう。
暑かった夏が終わったと思ったら、一気に涼しくなりましたね。それに連休が2回とも台風。大変だった方もいらっしゃるかと思います。お見舞い申し上げます。

それでは、今回も記事の内容部門3点と、美味しかった部門3点を選んでみます。
まずは内容部門から

 

まずは、日本酒とは全く関係のない記事です。この記事、全然違う場所にあったいろんな情報がどんどん繋がっていって、書くのがめちゃくちゃ楽しかったんです。最初は本を読んでてふと目に止まったことが、調べれば調べるだけどんどん膨らんでいって、思ってもみなかったゴールにたどり着きました。

 

お次は、赤酒。これ、僕が今まで飲んだ中で一番甘い液体でした。コーヒーリキュール・カルーアやチョコレートリキュール・モーツアルトの原液よりも甘い。面白かった~。

 

そして3つ目は、赤酒を飲んで思いついて、今までに飲んだ赤やピンクのお酒をまとめた特集記事。色を付けるための5種類の製法と、12本のお酒を紹介しています。けっこうたくさん飲んできたなあ。

 

続いては、美味しかった部門。
9月も素晴らしいお酒に会うことができました。毎回のことですが、お酒を造ってくれたお蔵さん、届けてくれた流通さん、置いてくれたお店さんに感謝です。

 

はじめましてなのにいきなり裏モノ。鑑評会出品酒みたいな甘アルが、さらにじゅわっと広がって、きれいに消えます。

 

やっぱり、甘口おりがらみって大好き。限定品らしいんですが、ぜひレギュラーにしてほしい!!

 

最後は、激ウマで安定している天美さん。4ヶ月連続リリースの最後にふさわしい、天美の未来を予感させる1本でした。ほんと凄いなあ。天美さんは、もう今期の造りが始まっていて、最初は黒天の生原酒だそうです。買わなきゃ!

 

ということで、9月分の振り返りでした。もう今年も4分の3が終わったんですね。そろそろ新酒も出てくるかな?
それでは10月も、酔いお酒を楽しみましょう!

 

関連記事:

 

ブログランキング・にほんブログ村へ←投票リンク踏んでいただけると、とても嬉しいです。

 

こるね酒店

「こるね酒店」でお勧めのお酒を販売中。
実際に飲んで美味しかったお酒だけを厳選して、わかりやすく紹介しています。

 

[ジブリ酒]清鶴 > 機関士さん(天空の城ラピュタ)

清鶴きよつる 純米酒 ひやおろし

旨ぐぐぐん しっかり純米クラシック

清鶴

清鶴
清鶴
清鶴

はじめましてのお酒、大阪府高槻市・清鶴酒造の清鶴さん。9月9日、ひやおろしの解禁日にいただきました。近所のスーパーで見かけて、気になって買ってきたお酒。見るからにクラシックな感じが良いですね。
どんなお酒かな?

なんとなく、この佇まいは常温が良さそうだから常温で。

おっ! 香りでわかる、これは味の乗ったクラシックタイプ。乳酸とお米の甘旨とアルコール感が太く伝わってきます。美味しそう!

口に含むと、フルーティーさの全くない酸甘が、どどん! そこに旨苦も加わって、さらにぐぐぐん! そしてアルコールがばばん! うまっ!!

力強いですねえ。予想通り、かなり旨味が乗ってます。アルコールは15度だけど、体感では16~17度くらい。この味の濃縮具合は、いかにも純米酒です。

旨苦しっかりでアルコール感も強いから、正直、初心者さんにはおすすめできません。でも、この味が楽しめるようになったら、立派な大人ですよ。(おっさんとも言う)


アテは、やっぱり和食が合いますね。それも、繊細なのじゃなくて味のしっかりしたのがおすすめ。今回は、厚揚げの甘辛ごま照りとのペアリングが良かったです。いつもお世話になってる インスタ@ct__cook さんのレシピ。美味しいし、火を使わずレンジだけでできるのも良いですね。
他にも、ポン酢+柚子胡椒で食べる冷奴も合ってました。ポン酢の酸味がお酒の甘味を引き出してくれます。

スペックは、
造り:純米 生詰 ひやおろし
原料米:五百万石・日本晴
精米歩合:70%
アルコール度数:15% ・・・ 普通
日本酒度:±0 ・・・ 普通
酸度:1.4 ・・・ 普通
アミノ酸度:1.4 ・・・ 普通
酵母:協会901号 ・・・ 普通。というかよく使われるメジャーな酵母 

ジブリで例えると「天空の城ラピュタ」の軽便鉄道の機関士さん。海賊と軍から逃げるシータとパズーを助けてくれる人です。海賊にも軍にもひるまない、気骨のあるおっさん。

満足度:★★★★

清鶴

清鶴
清鶴

 

関連記事:

 

ブログランキング・にほんブログ村へ←投票リンク踏んでいただけると、とても嬉しいです。

 

こるね酒店

「こるね酒店」でお勧めのお酒を販売中。
実際に飲んで美味しかったお酒だけを厳選して、わかりやすく紹介しています。

 

[特集]赤いお酒・ピンクのお酒

今回は特集記事。赤い日本酒やピンクの日本酒、飲んだことはありますか? 日本酒ってたいては透明か、白いにごり。赤やピンクってちょっと珍しいです。でも飲んでみるとこれがまた面白いんですよね。今回はそんな、色のついたお酒のお話しです。

赤いお酒 ピンクのお酒

 

どうやって色を付けている?

食紅などの着色料を入れたら、カンタンに色付きのお酒ができます。でも、ほとんどのお酒はそんなことはしていません。色の付け方は大きく分けて次の5種類。

酵母によるもの
②お米によるもの
③麹によるもの
④副原料・着色剤によるもの
⑤製法によるもの

以下、それぞれの特徴とどんなお酒があるのかを紹介します。

 

酵母によるもの

赤・ピンクのお酒の中では、これがいちばんメジャー。お酒を造るときには、酵母が糖分を分解してアルコールにします。酵母にはいろんな種類があるんですが、その中に、赤い色素も一緒に作りだすものがいるんですね。これは、実は人工的な突然変異で作られた赤色酵母とか桃色酵母とか言われるもの。バイオテクノロジー凄い!

味わいとしては、甘酸っぱいものが多く、にごり酒で良く使われてピンクのかわいい色になります。イチゴっぽい印象。イメージ的に、春によく売られている気がしますね。


②お米によるもの

現代のお米は普通、酒造好適米でも飯米でも、色は付いていません。でも昔のものには、お米自体に色がついているものがあるんです。古代米・赤米・黒米などと言われてるもの。これらのお米は、作るのも大変なので、赤色酵母のお酒よりも珍しいです。

味わいは、、、よくわかりません。代表格の伊根満開さんはフルーティージューシーなんですが、大倉さんは何を飲んでも変態だし、李白さんは14年熟成なので全く参考にならない。でも、どれも美味しかったです。

 

③麹によるもの

お酒を造るときは、まず蒸したお米に麹菌を振りかけて糖化させます。日本酒の場合は、たいてい黄麹を使いますが、ときどき焼酎用の白麹や黒麹を使うお酒もありますね。ただここで紅麹菌を使うと、赤い米麹ができ、お酒も色が付くんだそうです。
このタイプは古代米よりもさらにマイナーで、出会ったことがありません。新潟の鮎正宗さんにこのタイプがあるらしいんですが、飲んでみたいなあ。

 

④副原料・着色料によるもの

これは、ちょっと別モノですね。日本酒ではなく、別の材料や着色料を加えたことによる色です。大関さんのいちごにごりの場合、いちごピューレとトマト色素が入っているリキュールですね。

 

⑤製法によるもの

最後も正確には日本酒ではありません。でもこちらは、製法の一部が違うだけで、ほぼ日本酒。お酒を搾るまえに木灰を入れた「灰持酒あくもちざけ」というもの。木灰の効果でお酒がアルカリ性になり、それに糖分やアミノ酸が反応して色が付くんだそうです。

このタイプは熊本・瑞鷹さんの赤酒しか飲んだことないんですが、これがもう、とてつもなく甘かった! 今まで飲んだ液体の中で一番甘いです。コーヒーリキュール・カルーアやチョコレートリキュール・モーツアルトの原液よりも甘い。たくさん飲めるお酒じゃありませんが、めちゃくちゃ面白かった。鹿児島にも地酒じしゅという灰持酒があるらしいので気になっています。

 

というわけで、今回は赤・ピンクのお酒の特集でした。ぶっちゃけ、全部が美味しいわけではなかったんですが、でも全部面白かった。見かけたら、ぜひ飲んでみてください。

 

関連記事:

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

←投票リンク踏んでいただけると、とても嬉しいです。

 

こるね酒店

「こるね酒店」でお勧めのお酒を販売中。
実際に飲んで美味しかったお酒だけを厳選して、わかりやすく紹介しています。