こるね酒

原則毎日AM11時更新+α。日本酒好きのホルン吹きです。飲んだお酒を、ジブリ映画のキャラやシーンに例えながら紹介します。異論反論大歓迎。日本酒に詳しくない方でも、ジブリ作品に詳しくない方でも楽しんでいただけるように書いていきます。

[ジブリ酒]北鹿 > 月島汐さん(耳をすませば)

【北鹿 秋田流生酛 本醸造 雪 生貯蔵酒】(ほくしか ゆき)

透明感 さらさらきれいな 薄辛口

北鹿

春鹿夏しか秋鹿白鹿と続けてきた「鹿くらべ」企画、今回で一旦最終回です。最後は秋田の「北鹿」。はくしかからのほくしか。はじめましてのお酒です。
瓶がきれいですね。早速飲んでいきましょう。

香りはほとんど感じません。
口当たりはするする水のようで、1拍置いてからきれいな旨味がじんわり広がります。そして後半、穏やか爽やかな酸味が現れつつ、すぅっと消えて、余韻がふわふわ。甘味はほとんどありません。

透明感のある、きれいなお酒ですね。酸味が後半に現れるというのはちょっと珍しい。これ、生酛なんですよね。生酛というと、深くコクのある濃醇な味わいのイメージがありますが、このお酒はだいぶ違ってすっきりさらさら。

オフィシャルサイトにスペックが載っていました。
アルコール度数:15% → そんなもんかな。でも、刺激はなくやわらかなアルコール感です。
日本酒度:+7 → やっぱり甘味がないから日本酒度は高め。ただ、きれいで飲みやすいです。
酸度:1.2 → 低め。酸味は感じますが、後半に他の味が引いたから見えるようになったという感じです。

こちらのお蔵・(株)北鹿さん、「北秋田」を造られているお蔵さんなんですね。北秋田はスーパーやコンビニでも時々見かけます。飲んだことはないんですが、低価格なのに美味しいという噂。飲んでみようかな。

ジブリで例えると「耳をすませば」の月島汐さん。主人公・雫のお姉さんで、大学生です。しっかりものな美人さん。しっかりものなだけに、雫には厳しいです。雫視点では全然甘いところがない。

満足度:★★★☆

耳をすませば©スタジオジブリ

さて、この「鹿くらべ」企画、鹿の付く日本酒では、他に岩手の「鹿踊り」、福井の「若鹿」、「作」のお蔵さんの「鈴鹿川」、大分の「八鹿」などもあります。でも、手近に売ってなかったから今回は見送り。鈴鹿川は美味しいからぜひ飲みたかったんですけど、地元限定ブランドだから難しいですね。

この企画、なんとなくノリで始めたんですが、新しいお酒とたくさん出会えて、思ったよりずっと面白かったです。5本くらいの飲み比べってちょうどいいですね。たまたま手に入りやすかったですし。これが「花くらべ」とか「川くらべ」とか「菊くらべ」とかになったら多すぎて大変そうです。でもまた何かやりたいな。

北鹿

 

関連記事:

 

ブログランキング・にほんブログ村へ←投票リンク踏んでいただけると、とても嬉しいです。

 

こるね酒店

「こるね酒店」でお勧めのお酒を販売中。
実際に飲んで美味しかったお酒だけを厳選して、わかりやすく紹介しています。