こるね酒

原則毎日AM11時更新+α。日本酒好きのホルン吹きです。飲んだお酒を、ジブリ映画のキャラやシーンに例えながら紹介します。異論反論大歓迎。日本酒に詳しくない方でも、ジブリ作品に詳しくない方でも楽しんでいただけるように書いていきます。

茜さす > 夕子(耳をすませば)[ジブリ酒]

茜さすあかねさす) ヌヴォー 純米吟醸 無濾過生】

桃ライチ 豊かな甘味と ミネラル感

茜さす

茜さす

はじめましてのお酒、長野県佐久市・土屋酒造店さんの茜さすです。

佐久エリアは酒処で、13のお蔵さんが集まる地域。僕が飲んだことがある中では、佐久乃花澤の花/ボーミッシェル御園竹井筒長・寒竹が佐久のお酒。昔は年に数回は佐久に出張に行ってたんですが、最近はそれもなくなっちゃって寂しいです。

土屋酒造店さんは、他に「亀の海」という銘柄もあって、こちらは伝統的な造りのclassicと新しい技術にチャレンジしたlimitedがあるようです。一方今回の「茜さす」はその土地にこだわったテロワールのシリーズ。佐久市・浅科五郎兵衛新田で作られたお米を使っています。ここは、稲作でいう特A地区の中でも特に偉大な地域なんだそう。

今回のお酒・ヌヴォーは、たぶんワインでよく言うヌーヴォーと同じでしょうね。フランス語で書くとnouveau。新しいという意味なので、新酒のことだと思います。この時期ならではですね。
それでは、飲んでいきましょう。

香りはミネラル感のある控えめ桃ライチ。

口に含むと、シロップほの甘。そこから甘味がじゅわじゅわん。そして苦味がじんわりと。
やわらかくて豊かな甘味と、ミネラル感のある固い苦味が同時にあるのが面白い!


アテは、酒粕おでんの豚バラ。試作品ということだけど、こんなの美味しいに決まってる。しっかり出汁の旨塩と豚バラの脂によって、お酒の甘味が豊かになります。

ジブリで例えると「耳をすませば」の夕子。主人公・雫の親友で、野球部の杉村が好きだけど失恋しちゃう子です。甘味たっぷりだからエンディングの夕子ですね。良い意味でちょっと洗練されてなくて、青春の固さと苦さもある子でした。

好き度:★★★★

夕子の頬に茜さす。

茜さす

茜さす

【DATA】
蔵元:株式会社 土屋酒造店(長野県佐久市)
造り:純米吟醸 無濾過生酒
原料米:長野県産 金紋錦・ひとごこち(農薬無散布)
精米歩合:59%
アルコール度数:17% ・・・ 高い
製造年月:2023年12月

 

関連記事:

 

←投票リンク踏んでいただけると、とても嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

[rakuten:e-wine:10021521:detail]