こるね酒

原則毎日AM11時更新+α。日本酒好きのホルン吹きです。飲んだお酒を、ジブリ映画のキャラやシーンに例えながら紹介します。異論反論大歓迎。日本酒に詳しくない方でも、ジブリ作品に詳しくない方でも楽しんでいただけるように書いていきます。

[ジブリ酒]山鶴 >27歳タエ子(おもひでぽろぽろ)

【山鶴 純米吟醸 生貯蔵酒】(やまつる)

酸味から 旨味ぐいぐい 食中酒

山鶴

地元・奈良県生駒市のお酒です。お蔵さんのある場所は徒歩圏内なんですが、いただくのは初めて。なかなか置いてるの見たことないんですが、普段行かないスーパーで見つけて買ってきました。

香りは乳酸とアルコール。かすかにマスカットっぽさもあるかな。
口に含むと、きれいな酸味がするり。その後から旨味がぐいぐい広がります。そして少し控えめに苦味も出てくる。酸味も旨味も苦味も最後まで続いて、飲みこんだ後は舌にびりびり余韻が残ります。そこでようやく甘味の気配がふわり。飲みこむときにちょっとひっかかる感じがあるのが気になるかな。

半分残して、次に開けたのは3日後。そしたら、だいぶ落ち着いていました。香りに甘さが出てきて、味わいもちょっとまろやかに。喉越しのひっかかりもありません。性格は変わらないんですが、美味しくなってる!

味わいは酸味中心で、ちょっと辛めの食中酒ですね。醤油味全般と相性良い感じ。刺身なんかに良いですね。煮物でもお浸しでも合いそう。
僕の好みの方向とは違いましたが、良いお酒でした。

ジブリで例えると「おもひでぽろぽろ」のタエ子。主人公です。5年生じゃなくて27歳の方。この作品は一応恋愛っぽいものも描いてるんですが、あまーい恋愛ではなくて大人のじわじわ旨味のある恋愛。少なくともタエ子側からはそんな感じです。

満足度:★★★☆

山鶴

 

ところで、地元・生駒関連で余談です。
僕はプレゼンテーション関連の本は結構たくさん読んでるんですが、その最高峰がガー・レイノルズさんの「プレゼンテーションzen」という本です。世界20か国で発売されたベストセラーで、僕も多大な影響を受けました。初版発行は2009年なんですが、最近第3版が出たんです。で、その著者紹介欄を見てみたら、一番最後に「米オレゴン州出身、奈良県生駒市在住」って書いてある!!! マジで!? 調べてみたら、4年前に生駒に越してらっしゃったそうです。小さな町なので、お見掛けするチャンスもあるかも! すいません、日本酒全然関係ないんですが、あまりにびっくりしたので書かずにはいられませんでした。

 

関連記事:

 

ブログランキング・にほんブログ村へ←投票リンク踏んでいただけると、とても嬉しいです。

 

こるね酒店

「こるね酒店」でお勧めのお酒を販売中。
実際に飲んで美味しかったお酒だけを厳選して、わかりやすく紹介しています。