こるね酒

原則毎日AM11時更新+α。日本酒好きのホルン吹きです。飲んだお酒を、ジブリ映画のキャラやシーンに例えながら紹介します。異論反論大歓迎。日本酒に詳しくない方でも、ジブリ作品に詳しくない方でも楽しんでいただけるように書いていきます。

[ジブリ酒]菊正宗ギンパック > カーチス(紅の豚)

【菊正宗 しぼりたてギンカップ(きくまさむね)

パック酒と侮るなかれ。普通酒なのにそんじょそこらの大吟醸より吟醸香ぶわわわー

菊正宗

こないだ初めて飲んだ菊正宗のキンパックギンパックのスパークリングタイプ。思ってたんとちょっと違ったので、やっぱり普通のギンパックが飲みたくなって買ってきました。ギンパックの180mlカップ・ギンカップです。

香りは爽やかな青りんごを中心に、ほんのりと気持ち良いアルコール。そうそう、これこれ。低精白なのに吟醸香がすごいの。日本酒の吟醸香には、このお酒のようなりんごっぽい「カプロン酸エチル」と、バナナっぽい「酢酸イソアミル」の2種類があります。普通これらの香りは、吟醸大吟醸のようにお米をかなり削らないと出てこない。でも、ギンパックは低精白なのに、特別な酵母のおかげで、カプロン酸エチルがそんじょそこらの大吟醸よりたくさん立ってるんですよね。これぞ大手メーカーの技術力。

口当たりはするすると抵抗なく入ってきて、シロップのような優しい甘さがほんのり広がります。結構甘口に感じるけど、その甘さの正体は、糖分ではなくて香りのせいっぽいですね。最後にほんのちょっとだけ旨味と苦味も出てきて、でもやっぱり最初と同じシロップの甘味が長めの余韻にじんわり。口に入って来てから喉を通るまでの味の時間変化も楽しい。そして含み香は、桃・メロンのフルーティーと、優しいタッチのアルコール。口いっぱいにぶわわわーっと広がります。
強いて言うと、最後に出てくる苦味にちょっと雑味がある気もするけど、普通に飲んでたら全く気にならないレベル。やっぱり美味しいです、これ。

ちなみにこのお酒、海外の日本酒コンペティションでは最も有名なIWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)の2019SAKE部門で、最優秀賞 「グレートバリュー・チャンピオンサケ」と普通酒部門最高位「トロフィー」をダブル受賞しています。世界も認めた美味しさ。飲んだことない方は、ぜひ一度飲んでみるのをお勧めします。度肝抜かれますよ。コンビニで今回の180mlカップを時々見ますし、このお酒に関しては900mlや1800mlのパックを買っても後悔はしなさそう。公式サイトを見たら、3リットルパックもあるみたいですね。

今年は、所属してるアマチュアオーケストラの合宿にこれを持ち込んで、みんなのパック酒の概念をひっくり返してやろうと目論んでたんですが、コロナで合宿がなくなってしまいました。残念、来年こそ!

ジブリで例えると、前回と同じ「紅の豚」のカーチスです。大手メーカーの凄い技術力。ただ、大手メーカーにいくら技術力と資金力があると言っても、結局大事なのは中の人のウデ。こないだ登場した「蓬莱 色おとこ」の時にも書きましたが、カーチスは本人の技術もめちゃくちゃ高いんですよね。
「星の王子様」で有名なサン・テグジュペリの「夜間飛行」にも描かれていますが、この当時の飛行機で夜中に飛ぶのって命がけなんです。バンバン落ちてドンドン死んでる。それなのにカーチスは、翼が邪魔で下方視界が極端に悪い機体に乗って、灯りの全くない夜の海面に離着水してます。そりゃポルコも「あのアメリカ野郎、いい腕してるぜ」って言いますわ。

満足度:★★★★

菊正宗

菊正宗

 

関連記事:

 

ブログランキング・にほんブログ村へ←投票リンク踏んでいただけると、とても嬉しいです。

 

菊正宗 しぼりたてギンパック [ 日本酒 兵庫県 1800ml ]

菊正宗 しぼりたてギンパック [ 日本酒 兵庫県 1800ml ]

  • 発売日: 2016/09/05
  • メディア: 食品&飲料